弊社は平成10年11月に設立し、今期で20期目を迎えた上下水道の設計会社です。
今期は節目の20周年となるため、昨年の4月に本社を桶川から大宮に移転致しました。
設計業務は下水道設計・水道設計を、東京・埼玉のコンサルタントから下請けとして受注しております。また、桶川市より平成28年度に坂田西3号公園の設計を受注し、今年の2月に竣工致しました。
今、建設業界は2020年の東京オリンピック開催に向け活気に満ち溢れております。
そして、その勢いはそのまま建設業界にも及んでおり、ここ数年は受注量も増加傾向です。
弊社の目標は、若者が自信と誇りを持って仕事ができる職場を作り上げることです。そのためにも、やる気のある若者はぜひシティープランに応募してみて下さい。経験の少ない方でも設計教育を致します。
弊社は日々技術力を高める努力を怠ることなく進め、少しでも地域社会に貢献出来る会社を目指し日々精進しております。


下水道の実施設計、管梁耐震設計・工事発注用の設計書作成も行っております。

配水管、導水管、送水管の新設及び布設替の設計が主な業務です。
特に、推進設計の技術を生かした鉄道・幹線道路の横断設計及び銅管によるPIP設計が得意分野です。